動脈硬化の原因には喫煙も含まれる

動脈硬化が進行する原因に、肥満、ストレス、運動不足、喫煙、加齢(45歳以上の男性・55歳以上の女性)などがあげられます。とくに女性では喫煙による影響が強いことが分かっています。

これらの原因により動脈である血管の壁にコレステロールなどの脂質がたまり、血管の内腔が狭くなる、弾力がなくなり硬くなる(アテローム硬化)または詰まってしまうといった病態を生じます。

動脈硬化によって血液の流れが悪くなるとさまざまな臓器に多くの障害が起こります。心臓に血流不全を起こすと血管(動脈)にこぶ(瘤)ができる冠状動脈瘤や脳の血管が詰まる脳梗塞などを起こします。

動脈硬化は治療によって症状を軽くさせることはできても、もとの健康な血管に戻すことはできません。そのため、肥満、高血圧、高脂血症、喫煙を除去することが大切です。

食事、肥満、喫煙習慣などは自分で制御できるものです。適正にコントロールし実年齢より血管年齢を若く保つことが動脈硬化の進行を防ぐことに繋がります。

 

血圧を下げるために生活を見直そう

身体のことを考えて生活している人は、少しずつ習慣を改善しようとするかもしれません。これぐらいは大丈夫だろうと油断をしていると、血圧が高くなるなど身体に変化が出ることが珍しくないです。血圧を下げることを考えるなら、食生活を改善するといいかもしれません。サプリランキング(血圧下げる)を参考にするのもいいです。

好きなものばかり食べていると、栄養のバランスが偏ります。バランスの良い食事をするためにも、野菜を積極的に摂るように心がけてください。納豆のように身近な食品を加えるのもいいかもしれません。

健康的になれるかは、日々の行いが影響することが珍しくないです。そのため、自分の食生活を少しずつ修正していくといいでしょう。できることから改善することで、身体の調子も良くなることが珍しくないです。

食生活を修正してもすぐに効果が出ることはありませんが、将来のために続けるといいでしょう。自分の身体を守るためにも、食事や生活スタイルに気をつけて、健康的な毎日を過ごしてください。

 

食事メニューとストレスの2点が大切なポイント

脳血管障害などは、非常に深刻な病気です。そして、そういった重病は脂肪と大きな関連性があります。そういう重たい状況を防止する為には、メニューとストレスという2つがポイントになります。

どういう事かというと、まずメニューによっては脂肪を増やしてしまう事もあるからです。例えば炭酸飲料などは、人間の体に対してネガティブな影響が懸念されます。それ以外にも、食材によってはあまり良くない事もある訳です。ですから脂肪を増やしたくない時は、まず食品に気を使う必要があります。

それに加えて、普段からのストレス調整もポイントになるのです。人によっては、ストレスがかなり過大な事もあります。やはりむやみにそれが蓄積してしまうと、どうしても重たい病気になる確率も高まってしまう訳です。

ただストレスをゼロにするというのも、少々難しいです。ゼロにする事は不可能でも、減少自体は可能ですから、何らかの発散方法を考えておく事も必要です。