腸内環境を整えて病気予防

腸内にはビフィズス菌や乳酸菌などの体の健康維持に役立つ善玉菌、ウェルシュ菌や大腸菌などの腐敗物質を産生して病気の原因になってしまう悪玉菌、腸内環境によって善玉菌や悪玉菌の働きをする日和見菌の3つの菌が存在しています。

腸内環境は生活習慣の乱れによって悪くなってしまいます。脂肪の多い食事や甘いものをたくさん食べることです。食習慣の改善や適度な運動によって腸内環境を整えることは可能です。

食生活は悪玉菌の材料となる動物性たんぱく質を控えるようにして、善玉菌のエサとなる食物繊維やオリゴ糖を多く含むものを多く摂取するように心がけましょう。全粒穀物にも食物繊維が豊富に含まれています。

お腹の調子を整えるにはhttp://腸内環境サプリ比較ランキング.xyz/でも言うように乳酸菌がすぐに思いつきますが、漢方薬でも悪玉菌によって悪化してしまった腸内環境を整えることができるものがあります。大黄甘草湯や平胃散、桂枝加芍薬湯、人参湯などです。薬局などで購入することが可能ですがインターネットでも簡単に購入できます。

生活習慣の改善とともに漢方薬をうまく利用することで腸内環境を整えることができます。漢方は効き目が穏やかで長く続けるほど効果を発揮するものなので安心して使うことができます。

 

腸内フローラをじっくり育成するのに効果的なラブレ菌とは?

売れ筋の乳酸菌ドリンクでも注目を集めているラブレは、その名の如く元々は京漬物の主成分であるラブレ菌の働きからヒントを得て開発されたものです。

乳酸菌ドリンクの原料として長年使われているビフィズス菌と違う点は、ラブレ菌は腸内に悪玉菌が定着しない環境を作り出すだけでなく、体内にコレステロールが吸着するのを抑えるダイエット作用や、シミができにくい美肌効果も期待できる複合的な作用があるところです。

又、ラブレ菌は胃酸で劣化しやすいビフィズス菌の働きを長い時間保持する働きがあり、腸内フローラを長期的に育成するのには打ってつけの成分です。

最近はビフィズス菌とラブレ菌の2つが贅沢に摂取できるサプリメントが市場に多く出回っており、細長いカプセルが特徴的な乳酸菌革命は今やヒット商品の1つと言っても過言ではありません。

腸内フローラを安定して育てるには、1つの決まった乳酸菌を根気強く摂り続けるより、なるべく複数の違う種類をミックスして摂るほうが効果的ですから、定番のビフィズス菌やオリゴの他にラブレ菌も是非体内に取り入れてみましょう。